ネットビジネスは一気に上がることもあれば下がることもある

ネットビジネスで大事なことは「根気」です。根気の無い人はネットビジネスをやるかどうか今一度考えてみて欲しいです。ネットビジネスは、「一気に上がることもあれば、一気に下がることもある」いわば諸刃の剣です。あるいは、ずっと低調のまま上にあがれないといった事もあります。しかし、もしあなたが会社などで勤めることが難しいのであれば、どんどんやっていって良いと思います。ネットビジネスでは二大勢力があります。それは、「ライティング」と「せどり」です。この二つは稼ぎは悪いかもしれませんが、真面目にやっていれば少しの小遣いにはなります。トップのライターの人ならライティングで月に20、30万円稼ぐ人もいます。ただし、1000文字を10分で書き終えて見直しなどもしないですぐに提出できるレベルの人です。たぶん、どんなに努力しても無理な人は無理だと思います。しかし、才能のある人なら可能でしょう。ちなみに私はそのレベルには頑張っても到達出来ません。一方「せどり」は頭の使い方によっては、儲けることも可能でしょう。しかし、せどりの場合は、古本屋などで古本を買ってそれをもっと高い値段で売るのですが、古本を買うお金が必要です。そして、もし高く売れなかったら赤字が出ることもあります。この本なら絶対にこれ以上の値段で売れるなと予測出来る人なら「せどり」は合っていると思います。ネットビジネスは会社に行くのが難しい人に向いています。会社だと人間関係が必要です。その人間関係がどうしても難しいという人にお勧めなのです。何もしていないのなら、「ライティング」「せどり」とやっていけば良いのです。たぶん、会社に行くのが難しい人は、ほぼ例外なくインターネットをやっているでしょう。タイピングもかなりのスピードで打てる人が多いと思うので、そんな人にはライティングをやってみたら良いのではと思います。ライティングは文章を考えるから難しいと思っている方もいるかもしれませんが、「ライティングサイト」には、多くのやり易い案件が揃っています。私はタイピングが早ければ、文章が下手でも十分に通用すると思っています。タイピングがあまり早くない人でもタイピングの練習を兼ねてと思えば、ライティングをやるモチベーションになると思います。やる気はあるのに会社で評価されない人や、人間関係が嫌な人は、ネットビジネスをやってみる価値は十分にあります。自分の新たな能力発掘のためにもネットビジネスを考えて欲しいです